FC2ブログ

このままで良いんでしょうか?

本当にたくさんの疑問点や不信感を聞きます。





それは、お客様からです。






”ふぃってぃんぐ”して作ったのに





”反発係数”が高いものを買ったのに





”超高弾性カーボン”のものを買ったのに





”スパイン調整”したのに





”先端の異物”を抜いたのに




”シャフトは真っすぐ”なものを選んでもらったのに







などなどなど、



あまりにも多すぎるお客様方の







そして、もうあそこにはいきませんという声





本当にこのままでいいんでしょうか







そして、当店のような大阪とはいえ、寝屋川にある、有名な都市でもない、汚い工房でのFittingが、

今までの”ふぃってぃんぐ”とは違うと言われるのか





当店の”Fitting”は特別なものではなく、何度も書きますが物理的、科学的に考えてるだけです。



そして、たくさんのデータを事細かく見てるだけです。



その事細かいデータは、弾道測定器がはじき出してくれている数値です。





ということは、そのような弾道測定器があれば、誰にでもできることです。







当店には”GERAS”もありますが、これは弾道測定器には表れない数値により、さらに上の”Fitting”を目指すために導入いたしました。
そのため、現在でも実験の日々が続いております。





ですが、弾道測定器だけでも十分できることだと思います。




しかし、そのような話を聞くことはなく、




何かあれば、




スパインが、




反発係数が、





異物がなどなど、




本当に根拠があるのかないのか




本当にそれだけで、良くなるんでしょうか







それよりも、もっともっと重要なところがあるのではないでしょうか









それに気付かなければ、今までと同じ轍を踏むだけです。






それでもいいですか







スパインが、




反発係数が、



異物が、





それで、明らかに改善されましたか






もっともっと改善される何かがあるのです。






ゆっくりと、今までを振り返り、考えてみてください。












最近では、工房離れが囁かれだしております。






それは、何が原因なのか、



考える時が来てると思うのですが



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント