FC2ブログ

シャフト先端の異物は取り除きましょう。

大手メーカーさんはヘッド重量の管理が出来ていません。



なので、シャフトの先端に異物を入れて調整しています。



これは大変良くないものですので、取り除きましょう。



















と言われて、ヘッドにはべったりと鉛が張られていたお客様が来店されました。

















結果はと言うと、









シャフトの軸線から、遠いところへ重量が加わったので、この人の打ち方では、シャフトは撓りすぎて、悲惨な状態でした





シャフトが撓りすぎるために、ボールは高くなり、レッスンを受けても、「ボールが高いから、もっと打ち込むように」と





打ち込むようにしても球は高い、





なぜなのかは撓りすぎるためです。





そして、鉛を張りすぎたためです。




それ以前に、異物を抜いたからです。







異物は悪いかどうかは、解りません(実は…







ですが、その人の打ち方によってはという考え方もあります。






実際に、この方は鉛を取り除いたことで、相当弾道が低くなり、少しだけ手を加えさせていただいただけで、何もせずに改善されました。






それを、異物が悪いのでと言って、その方にとっては悪いものでなかったものを取り除き、その人には悪い鉛を張る、そしてお金をいただく、そんな事をしていると、「工房なくても良いよ」と言う風になる可能性もあります。






きちんとした現状把握で、その方にあった作業をするべきだと思うんですが

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント