FC2ブログ

相当前の話ですが!

お客様:「店長、このパターめちゃくちゃ入るで~」


私:「ホントですか


お客様:「この前、30パットやで」


私:「それはまずまずですね~」


お客様:「まずまずって
     「普通2パットの18ホールやから36パットやろ



私:「いやいや、それでは多すぎます」
  「全ホールでパーオンしますか、しないのであれば、アプローチで近くにつけるはずです」
  「そうすると、もっと少なくなるはずです」



私:「たとえば、全ホールパーオンしませんでした、ですが、アプローチが良くて全て50センチにつけました」
   「パット数は18パットです、これでパターが良かったと言えますか



私:「これはアプローチが良かったんです」
   「なのでパター数だけで考えるのはです」


私:「これがUSPGAのストロークゲインドです」



お客様:「なるほど







そして後日、同じお客様がパターFittingに来られました。




お客様:「このパター全然アカンは


私:「えっ、この前良いって言ってたじゃないですか」


お客様:「この前、全然入れへんかってん





ということで、Fittingです。







お客様:「入るわけないな
     「ラインの読み方悪かったは














パターがいくら良くても、凄く高額なものでも、入るわけではありません。



なぜなら完璧に打ててないからです。



数々のトーナメントプロが来られましたが、完璧なストロークをされる選手を見たことがありません。




ではどうするのか、まずは現状を把握です。



そして、フィッターに考えていただきましょう。




凄く凄く、簡単なことです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント