FC2ブログ

本当にこのままで!

気が付けば3日です



さて当店は明日からの営業となりました。





明日は足の状態が芳しくないので、病院に行った後の開店となりますので12時からとなります。





たぶん、疲労骨折では






100キロ走中に、足に違和感があったものの、そのまま走り、しかもその後調子が良いので、

練習に励んでいましたが、どうしても甲が痛くて






先ほども1キロ程度歩いただけなのに、甲に違和感が





普通に疲れ程度だったらいいんですが











さてさて本題です。



皆さんは、当店を含めてですが、色々な工房さんをどのように感じてるんでしょうか





ただの修理屋さんと思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、それでは商売が続きません。



なので地クラブというヘッドのみ、あるいはシャフトのみ、それぞれ単体を扱いながら販売をしています。



そして少し前からは、Fittingという事を始めてるお店さんも出てきました。





しかし、そのFittingというものが、お店さんには違い過ぎて、それに疑問を感じてるのが、当店の店主なのです





そして、なぜそう感じるのかというと、色々なお客様からそんな話を聞くからなんです。




ですがFittingとはどういうものかという定義がない限り、何をしようが問題ないのですが、


それが、お客様に合ったものを探し出すFittingであれば良いものの、


自社で売りたい商品を売りやすくするためのFittingであれば、それは良くないのでは、と思うのです。


そして、最近では、その販売方法に弾道測定器を使用し、ほら飛んでるでしょと、たまたま出た数値を、

あたかもいつもこんなに飛ぶんですよと言わんばかりに呼称する方法も取られていると聞きます。





それは大変問題ではないかと感じてしまうのです。






現在の当店に例えると、



12月末にやっと販売が始まったAKIRAのGL-01ですが、



これは、大変注目されてるドライバーです。





大変注目されてるという事は、皆様も注目されている、調べている商品でもあると思います。




そして色々な所では、これは素晴らしい、凄い、と色々な評価をされてSNS等で紹介もすることでしょう。
となると、売りやすい商品でもあります。





なので、お客様に、「これは評判が良いですよ、いかがですか」と勧めると、

「はい、それにします」と簡単に販売につながることも考えられます。





しかし、このドライバーにも欠点があります。


なので、勧められないお客様もいるのです。




それを売りやすいからといって、その時に販売してしまえば、その先が怖いことになるんです。




なので、そのような事はしたくありません。




しかし、目先の売り上げのことを考えれば、売りやすい商品を、売りやすい方法で売ってしまえば、凄く簡単な事なんです。



ですが、これは絶対にダメです。

ダメですが、このようなことを聞くこともあるんです。




だから、良くないと声高にお伝えしたいと感じるのです。









いやいや、これは本当に飛ぶんですよと言うものがあればいいのですが、そこは本当に難しいところです。

人それぞれ、本当に違い過ぎるのに、同じもので同じ結果が出るわけはないんです。




それは、たくさんの方のFittingをさせていただいてつくづく感じていることなんです。




たくさんの方に同じものが売れれば、凄く簡単に儲けることが出来て、お客様もその恩恵を受けることでしょうが、

それは本当に難しい、そして不可能だと思います。



しかし、そのように販売されてるという事を聞くのです。


それを見て見ぬふりをしたくはありません。




今ある工房や専門店、これは当店も含めてですが、



今までと同じ方法で、販売を続けるとどうなるのか、

それを深く考える時期にあると思います。





でなければ、どんどん減っていくことも考えられます。





それでいいのか





私は良いとは感じません。





上から目線と感じられるかもしれませんが、決してそうではありません。




凄く危機感を感じています。



その為に人一倍勉強しているつもりです。



つもりではダメなので、よりしないといけないと感じます。





それは、将来のためでもあり、お客様に喜んでいただくためでもあります。





そして、これからも工房や専門店がなくならないためでもあります。





皆様は、こんな現状、どのように感じますか

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント