FC2ブログ

アプローチで!

Fitting終了後、少し悩みがあると言う事で、聞いてみると、




アプローチでどうしてもダフったり、トップしたりと言う事で、




”HackMotion”を使って、データ収集を兼ねて測定することにしました。




アイアンFittingの際に、シャフトの挙動が激しい事には気付いてましたので、


なぜその挙動が激しいのかを見つけることで、シャフトの動きを抑えようと考え、


この方は、シャフトへの負荷の掛け方が2次元的で、3次元には負荷を掛けないことから、比較的容易だと判断しました。


するとってところが


Hack119.jpg




なので、説明させていただき、打っていただくと、





すぐにOKと言っていただけました







今後はこのような使い方もと考えております。



展開がどんどん膨らむ様子で、今後をお楽しみに
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント