FC2ブログ

1通のメール!

昨日1通のメールが届きました




今までたくさんのクラブを購入したものの、どれもしっくりこない



初めはお店で購入し、その後は工房で、


そして、最近ではフィッティングを受けているにもかかわらず、上手くいかないと言う事です。



技術的に問題があるのは解っているが、これだけ何度も購入して少しも改善しないのはなぜなのか



と、お嘆きです


現在使用中のクラブは、

ドライバーは反発係数ギリギリで、シャフトは超高弾性カーボンを使用した高額商品だそうで、

お店で測定したときは、相当飛んでたそうです。

アイアンはと言うと、やはり高額シャフトが装着され、異物もなく、スパイン調整もされてるそうで、

そのような方法での購入が続いていたそうです。


そして、調子が悪い、とお店に行くと、次のクラブはとなり、そのお店に行くのをやめる、

そしてまた違うお店へ、の繰り返しだったそうです





しかし、よ~く考えてください。

ここでも何度も書きますが、異物は

無ければ、設計通りの重量配分で凄く良いんだと思いますが、その足りない分をヘッドの一部にでも貼ると、

重心位置は、ほんの少しですが変わってしまいます。

それよりも、シャフト延長線に重量があるのと、その延長線から外れたところに重量物を付けると言う事は、

シャフトへの負荷のかかり方が変わるのではないでしょうか


そして、スパインもです。

スパイン、シャフトの設計上、一部分が硬くなるのは解ります。

で、その部分をどうするのかと言う事です。

利用するのか、利用できないようにするのか


しかし、どちらもありません。

一部分に使うと、ある部分には弊害が生まれます。


今までの私自身の考えですが、シャフトは全周全てが大切です。

飛球線方向への撓り、トゥダウン、その他への撓り方も当然大切です。


そのどの部分も疎かには出来ません。

しかし、スパインがあって、一部分を硬くしたとしたら、他の部分はどうなるのでしょうか



いや、トゥダウンなんてしない方が良いんだと言われる方もいるかもしれません。

しかし、トゥダウンは必要不可欠なものです。


私は、野球のバットや、テニスのラケットに例えてお客様にはお話しさせていただいてますが、

皆様、凄く納得されます。

それぐらい重要で、必要なトゥダウンを、悪いモノ扱いするなんて



ですが、異物が、スパインが、と言ってるお店さんが悪いと言ってるわけではありません。

逆にその異物を利用する、スパインを利用する、という方法も考えられるわけです。


ではどのように利用するのかですが、そこは勉強になります。

勉強無くては、今後の進展もないとしか考えられません。



「スパインが悪いので、お客様スパイン調整しましょう」
   
効果がない
   
お店を離れる

と言う風にはならないんでしょうか





実際になっているからこそ、今回のような方が現れるのではないかと思います。


スパイン調整なるものをしてるのであれば、(当店ではしてませんが
「お客様は、○○が少なく、□□が多いので、スパインを利用しませんか

って方法があるのかもしれません。




そのようなことを考えて行かないと、

スパインが、




異物が、



反発係数が、




超高弾性カーボンが、




などの、その方に絶対に効果があるのかどうなのかが解らない、

宣伝文句しか使えないのでは、今回のような方が多くなるのでは、と危惧してしまいます。






今回メールいただいた方は、大変遠い所の方でしたので、


なるべく近くで、キチンとしたFittingをする所で、Fittingを受けてみてくださいとお伝えしました。





ただ、試打クラブを打って打って、飛んでますね~、ヘッドスピード早いですね~、

などの、測定機の数値を読み上げるだけの所は・・・





この記事を読んで気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、お詫びいたします。

ただ、お客様がいるからこそ成り立つ、私たちのお店です。

そのお客様から頂いたメールから感じたことを書きました。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント