記事一覧

45歳のある選手!

本日は、早朝から奈良カントリークラブに向かいました。

奈良オープンゴルフの応援です。

INスタートには、当店にご来店いただいてるアマチュアのお客様。

そして、OUTスタートは、私の友人でもある、45歳の選手です。


JGTOでも通算3勝し、ドライビングディスタンスでも何度か1位に輝いた選手です。

2005年には、年間獲得ランキングでも9位に入った、トッププロです。


しかし、2011年からは肩のけがの為か、檜舞台へは這い上がることの出来なくなった選手でもあります。

昨日、8時過ぎに彼から電話があり、出れなかったため、8時半ごろに電話しました。

開口一番「疲れた~、疲れた~」と連呼でした。

そして、「どこ」と聞くと、「まだホテルに着いてない」とのこと、そして「3週間ゴルフをしてない」と???


「明日見に行くから」と言うと、「期待しないで」と言われました。


あの時間から考えると、9時にホテルに着いたとして、就寝が10時と予測し、

ですが、彼の翌日のスタートは8時、彼はスタートの2時間前にコース到着するので、

6時コース到着、起床は5時になるでしょう。


千葉県からぶっ通しで運転し、その後疲れた体で7時間は睡眠できたとしても、相当厳しいものと考えます。



そして、本日スタートホールで見ていると、キャディさんに詳しくコースを聞いてる模様???

後で確認すると、奈良カントリーは初めて廻るらしく、それはないと、心の中でつぶやきました。


彼の全盛期は、火曜日にコース入りし、練習と練習ラウンドです。

練習ラウンドは、ただラウンドするのではなく、ティーショットでドライバーを打ったり、スプーンを打ったり、

時にはアイアンを打ったりしながら2打目がどこから打てるのかを確認します。

そして、グリーンを外した時にはどこがいいのかを考えて、グリーン周りで数球打ちます。

そして、想定ホール付近でパッティングです。

多い時には、ティーショットで5.6球打つこともありました。

そして、水曜日はプロアマです。

プロアマでは、1球だけですが、18ホールの仮想ラウンドは出来るわけです。

そして、時間があるときは、廻りながら数球打つこともありました。


それらが全くない状況でのラウンドです。


少し難しいかな~と考えながら見学していましたが、フロント9は33の3アンダーで終えました。

上位にいたようです。

後半はどのようになっているのか解りませんが、こんな選手がなぜ上に行けないのか、不思議です。


少ないチャンスを生かせない選手はたくさんいると思われ、そのような選手になってしまったんだと思いますが、

なんとか這い上がってほしいと願っています。


ラウンド中も何度も話したんですが、全盛期は体重が90キロ弱、今は大台に乗ったようです。


この辺が、大変大きな要因なのかとも思いました。


若い時はハングリー精神があり、トーナメント中もランニングなどをしながら、体がなまるのが嫌だからと言ってた記憶があります。

そのような精神もなくなってしまったのか、本当にもったいない限りなんですが?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント