FC2ブログ

ダメなものはダメ!

ダメなものはダメ


それは正すべきなのかどうなのか



批判的ブログはやめるべきと言われます。




ですが、これが素晴らしいと、もてはやされると、


それが正しくないのに、もてはやされる時代に流されるのではないかと思います。


それは見る人たちがです。


という事は、お客様が、ゴルファーがです。




そうなると、良くならないといけないゴルフ業界は、またまた悪い方向へ行き、

抜け出すのに相当な時間が必要になります。



本日も朝から、YOUTUBEを見ながら、ボールの云々という動画を見ていました。


安いボールと高いボールの違いです。

こちらのスピン量が、飛距離が,、というものでした。





弾道の説明はなく、このボールは比較してスピン量がと言ってました。


しかし、スピン量などは、フェイスの開閉で変わってしまいます。

そしてドライバーの動画ではストレートボールのナイスショットと、こすったフェードボールで比較していました。

この場合のフェードボールは、先ほども書きましたがフェイスが開いたために右に飛び出し、

Face to Path はOPENです。(スイング軌道に対してのフェイスの開閉です)
となると、ダイナミックロフトは増えるので弾道は高くなります。

なのでスピン量も増えます。

それを一緒にするというのは、大きな間違いです。

アイアンに関しては1500rpm以上も違い、ですが飛距離は同じ程度。
これは明らかに打ち方の違いでしかありません。
片方は少しダフリ、片方はフェイスが若干開いた感じです。

そして、ウエッジでは飛距離が一緒、ランも一緒、なのにスピン量が全然違う。

これは打出角に大きな違いがあるからで、これも比較すること自体です。




コメント欄には凄く良いというような評価のコメントがありました。

お客様としたら、フィッターではないので、解らないところがあるので、数値で判断して解りやすいと、

賞賛するのでしょうが、

フィッターがこのようなデータで比較すること自体信じれません。

もしかしたらご自身も解ってないのかもしれませんが



これらは、弾道測定器が市民権を得てきたための弊害だと思います。

どんな数値でも、そのデータを信じてしまうということです。

しかし、色々な状況があるので、すべてを鵜呑みにするのは、怖いと思います。


色々なデータがありすぎると、良いデータを信じたくなると思いますが、

まずは疑ってみるべきだと思います。

そしてどれが本当なのかを見極めるべきだと思います。

解らないときは、フィッターになぜこんなにデータにばらつきがあるのか聞くべきだと思います。



便利になった時代ではありますが、一歩間違えばという時代でもあります。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント