FC2ブログ

Fittingを受ける際の注意点⑦

少し間が空きましたが、


今回も超簡単編です。




弾道の曲がり具合です。


いまだに、ドローの方が飛びますなんて、昭和なことを言ってる人もいますが、

そんなことはありません。

ですが、それが当てはまる人もいるので、全くの間違いではありません。

しかし、正解ではありません







で、どういうことかというと、

”Spin Axisが左に傾くという事は、Face to Pathがクローズになっているからです。

クローズになるということは、フェイス角度はストロングになります。

ストロングロフトになるという事は、Spin Rateが減るので、スライサーの人が適正クラブを使っていなければ、

飛ぶことが予測されます。”

ザクッと書きましたが、お客様にはこんな言い方はしません






例えば、サンドウエッジでフェイスを開くとどうなりますか

近くにクラブがあったら、試してください。







そうです、ロフトが増えます。

なので、世間一般で、一番多いスライサーの方は、ロフトが増えるので打出角が多くなり、

スピン量も増えてしまいます。

ですから飛ばなくなります。


しかし、スライサーの方は右に飛ぶのを嫌がって、極端に手首を捏ねる方も多いのです。

そこで捏ねることにより、フェイスが被ります、

という事は、ロフトがたつので打出角は低くなり、

スピン量も減るんです。




それなのに、そんな簡単なことで、

これ飛んでますね~、

これ飛んでませんね~、

は、絶対にです。



ま~それすらわからないフィッターなら、Fittingすること自体ですが




ですが、そんなことたくさんあるんですよ




某メーカーさんでも、YOUTUBE動画で、


飛んでますね~って、
(おいおい、それ左に飛んでるがな



飛んでませんね~、
(おいおい、それこすってるからやろ

っていうの、凄くあるんです。


どことは言いませんが




なので、このメーカー絶対に扱わないでおこうって思ってしまいました



今回も超簡単でしたが、いかがでしたか


あと、違う現象もあるのですが、その辺はすいません、必殺企業秘密です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント