FC2ブログ

Fittingを受ける際の注意点⑧

「お客様、ボールが上がらないですね~」、





「それでは先調子にしましょう」は、です。




そして、


「お客様、捕まってないから先調子にしましょう」もです。






そんなに簡単なものではありません





ローリングシャッター現象のように、あんなに撓れば別ですが、

あんなに撓ることはありません。

20180320173253cfes_201905251716244b5.jpg

これがローリングシャッター現象です。
こんなには撓りません。
ヘッドが変形しているのが解りますか
なので、シャフト部分も変形しているのです







そして、撓り方にも色々な撓り方があります。


軟らかいから撓るかというと、必ずしもそうではありません。


なぜか、そこはすいませんが企業秘密です。





ですが、実際にドラコン選手の中には、軟らかいシャフトを使っているにもかかわらず、

撓っていない選手をFittingした事があります。




何故か解らないわけではなく、キチンとした理由もあります。




ですから、ボールが上がらないから、


ボールが捕まらないから、

先調子はありません。




Fittingは、簡単ではありませんので
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント