記事一覧

黒シャフトのデータ取り!

DSC_0002.jpg


フィッティング用の黒いシャフトが続々と出来上がり、面倒なデータ取りです。

振動数だと、全体的な硬さが解らないので、センターフレックス計で細かくデータを取ります。

その後の作業がまた大変なんですが、今回の数十本が終わるともう追加は単発的になるので、

大変なのは今回が最終だと、自分を励ましてます(笑)

GEARSで測定していると、シャフトの挙動が細かくわかってしまうので、フィッティング用シャフトのデータも細かくしないと

対応できません。

このようにしていると、GEARSで解ったスイング中の動きを、部分部分で当てはめていくと、

FLIGHT SCOPEでの予測も、確率が高くなり、適正シャフトを探す出すのも容易になります。


これで黒いシャフトも70本を超えました。

一歩間違えば、どれがどれかが解らなくなるので、要注意です。


黒いシャフトでのフィッティングは、先入観もなく、大変効果が表れやすいと思います。

現在、当店のフレンドリーショップである、富山県高岡市のゴルフ工房JUSTでも行っており、

今後、大阪府枚方市のGOLF LAB Gripping Stationでも、行う予定ですので、よろしくお願いいたします。


GOLF LAB

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

golflabjpn

Author:golflabjpn
GOLF LAB jpn®ブログへようこそ!

大阪府寝屋川市でフィッティングメインのゴルフ工房を営業しています。
日々のあんなことやこんなこと、思いついたことなどを投稿しています。

よろしくお願いいたします。