記事一覧

スピン量を減らしましたが、何か?

本日朝一のお客様は、大変お上手なお客様ですが、ゴルフを辞めてしまおうかと思うぐらい悩まれていた方です。

クラブは全てにおいてスピン量が多く、その原因はスイングにあるということが解りました。

しかし、スイングに原因があるからと言う事だけでは、辞めるしかないので、続けていただくように、いざフィッティングを!


アイアンから始まったフィッティングは、簡単にスピン量減少となり、飛距離は約2番手アップ、しかしお客様曰く、イップス気味と言われるドライバー、どうなることかと思いましたが???

まずは、現状です。
掴まっても3439

打球は掴まっているのに3439rpmというスピン量(通常掴まると少なくなります、何故かは近くの工房さんで聞いてください)

これらのいくつかのデータを見ることで、○○の影響で○○が原因であろうと予測をいたしました。

そして、案の定○○に問題があり、その後の数本のシャフト全てにおいてスピン量は減少致しました。

2298.png

スピン量は2298rpm、ただ少しランが少ないので、少し○○をいじらせていただき完了です。

比較的簡単なフィッティングでしたが、この後もFWで8000rpmを超えるスピン量、少しの提案で半分程度に収まりました。

ただ、一時的なことですので、次回良いシャフト、良いヘッドを提案させていただきます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

golflabjpn

Author:golflabjpn
GOLF LAB jpn®ブログへようこそ!

大阪府寝屋川市でフィッティングメインのゴルフ工房を営業しています。
日々のあんなことやこんなこと、思いついたことなどを投稿しています。

よろしくお願いいたします。