FC2ブログ

インパクトまで!

スイングが始まり、テークバック、そしてトップ、


そして切り返しがあって、インパクトです。



切り返し部分から、インパクトまで撓る回数は、



振動数で考えると○○です。




ですが、人によって操作方法が違うために、そんなに簡単なものではありません。



理想はトップでたまったシャフトの逆しなりが力になり、インパクトを迎えるのが理想だと思います。

という事は、1回です。

ですが、そこは人間が操るので、上手くいきません。




そんな1回ではないデータもたくさん見ています。



それでは、その場合はどうするのか、

そこをどのように発見して、どのように改善すればよいのかが解ったように思います。

しかも、GEARSを使わずにです。




実験をする際は、必ずGEARSを使いますが、

その整合性を高めるために、色々な測定器を使います。

そして、どのようになったときは、こちらの測定器ではどうなるのかを見ていきます。




そこから、いかに簡単にデータを読み取っていくのかを、考えていきます。




トップからインパクトまでの少ない時間、


おおよその感覚よりは、測定器のデータを信じる方がいいと思うのですが
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント