FC2ブログ

矛盾を感じるままに?

昨日は、”GOLF LABフレンドリーショップ”の6店舗が集まっての勉強会でした。

自分自身での研究をもとに、色々な人に打っていただくことで、検証が進み好結果が出たと思っています。


そんな中、色々なフィッティングシステムについての話も出てきました。

〇〇理論や、△△フィッティングなどなど


そして、それらのシステムにより作製されたクラブを持ってこられ、Fittingさせていただいたことも

そのクラブの結果はどうかというと・・・



それよりも、それらのシステムの矛盾点があまりにも多すぎる

それでもキチンとしたシステムと謳い、それらを鵜呑みにする店主の方々。

店主の方々の中には、Fittingの仕方が解らない、難しいということから、

簡単な方法でという事で、そのようなシステムを利用するのでしょうが、

そのような方々が解らないからと言って、このシステムが凄いと唱える開発者を疑うばかりです。


そして、それを信じる店主の方々は、それを神様のように唱え、お客様方に説明する、

そのお客様方は、藁にもすがる思いで来店した、工房店主が唱える素晴らしいと言うシステムに踊らされ、

新しい被害者が生まれてしまう。



それで本当に良いんでしょうか



先日そのような”ふぃってぃんぐ”を受けられた方がいらっしゃいました。

お客様、「私はインパクト時のロフトが○○なんです、でもその”フィッティングで改善されたんです」と

では受けなければと思ったのですが、「一応検証したい」という事でご予約いただきました。


結果はというと、その”ふぃってぃんぐ”によって改善されたのではなく、

3球に1球程度出る球筋によるものだけだったんです。

詳しく詳しく説明させていただき、納得していただけたみたいです。


お客様が帰られた後、GEARSのデータを事細かく検証いたしましたが、

物理的に考えても、相当甘めに考えても不可能なデータでしかありません。

しかし、それをお客様に伝え、信じさせるという事は、あまりにも酷いと感じ、このようなブログになってしまっています。



私たちの勉強会は、私自身で実験、検証した結果を、6人集まることで再度検証し、

確実なものだけに関しては持ち帰り、店舗でお客様へという考えです。

そのようにすることで、間違っていたこともあり、その場合は、その時点で封印です。

そして再度違う面から実験し、次回勉強会で検証することの繰り返しです。


検証したらおかしいと解る事、それを表に出すことの弊害、それに伴う状況を考えれば、

決して表に出すべきでないシステム、

大変悲しい現実です。



でも結果が出てるよ!

弾道測定器の数値がほら!


それが弾道測定器の怖さなんですよ(笑)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント