FC2ブログ

現実。

先日ご来店いただいたお客様ですが、

あるお店でフィッティングをしてクラブを作成したそうです。


そして、そのクラブなのですが、なぜか飛ばないと

お客様曰く、

「フィッティングの時は飛んでました」と

しかし、クラブが出来上がり、コースに行くと、

以前とはあまり変わらない状況だったそうです。



ということで、以前使われていたクラブと、今回作成したクラブを、

お持ちになられました。



早速打っていただくと、

同じどころか、作成したクラブの方が飛びません


ですが、地面を硬くすると、作成したクラブの方が飛ぶのです。


なぜかと言うと、弾道が大変低く、地面が硬いので、転がる転がる



皆様もお分かりと思いますが、

弾道測定器の設定を飛ぶようにするところが多く、

その為、ランが20yd、30yd転がることも普通にあるようです。

それでは良いフィッティングが出来るわけがありません。


適正なデータを参考にしないのであれば、

弾道測定器など必要ありません。

そのようなデータであれば、逆効果にもなり兼ねません。



最近では、Youtubeなどでも弾道測定器を使用して、

試打インプレッションなども見ますが、

これ飛びますね〜って言いながら、異常に転がる設定で、

“おかしいでしょ”ってのが蔓延しているようです。


そんな、飛ぶように設定された弾道測定器でフィッティングをするようであれば、

きちんとしたクラブを作るのは不可能です。



そのお客様、騙されましたと言われていましたが、

そんな方が多すぎるように感じるのですが、おなじ思いの方もいるのではないですか
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント