FC2ブログ

あ~あ!

当店初めてのお客様です。

アイアンのFittingに来られたのですが、

いつものシャフトはあっち向いたりこっち向いたり、



お話を聞くと、

「スパイン調整もしました」

「異物も入ってません(鉛はベッタリ)」

「シャフトは真っすぐなものです」

「バランスはコンマ単位までキッチリとしてます」

「振動数もきちんとしてます」

で、
他のお店では、あなたは〇〇タイプなので、○○シャフトが良いと言われました。


という事で、試打を重ねていくうちにやはり○○シャフトが良かったので、

これを作製しましたという事でした。




私:「クラブをきちんと作れば、ゴルフが良くなると思いますか

お客様:「そのように言われました

私:「もともとのスイングが解らないのに、どのようにきちんと作るんですか

お客様:「

私:「それって練習場のレンジボールを使用して試打したのではないですか

お客様:「はいそうです、でも何回も打ちました

私:「レンジボールでは飛び方が変わりますが、ご存知ですか

お客様:「えっ


という事で、レンジボールと、コースボールでデータをとらせていただき説明させていただきました。


そして例として、あまり重要視はしませんが、最高到達点などの違いを見ていただきました。

それだけ違う飛び方をするのに、練習場でテストすることの弊害を説明させていただきましたが、

お客様:「そら~無理やな~」と一言。





でもこんなに飛んでたんですと、そのクラブで打った弾道測定器のデータを見せていただきました。
(画像を撮られていました)

しかしそのデータは酷いものでした。

私:「このデータを測定したとき、その店員は何と言ってましたか?」

お客様:「飛んでますね~」、「こんなに飛ぶ人はあまりいません」と言われたそうです。

そら~そうです、データがおかしくて飛ぶようなデータで、間違いが多々ありました。



こんな知識で飛んでますね~、飛んでますね~って、

ええ加減にしたら



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント