FC2ブログ

販売するためのパーツ。

弾道測定器って、もちろん弾道を測定する機械なんですが、

飛んでいくボールのデータを事細かく、教えてくれる、Fittingには欠かせない機械なんですが、

お客様の話を聞いていると、そうではないところもあるようなので、ビックリです。


なぜなら、ただただはじき出される数値を読み上げて、

これ飛んでます、

これ飛んでません、

って、それだけ見るのなら、高額な弾道測定器を導入しなくても、

試打クラブを貸し出して、どれが飛ぶのか打ち比べていただければ良いのではないのかなと思ってしまいます。


それを、〇〇だから正確です。

○○だから辛いデータですって、

辛かったら正確な数値ではないので、Fittingなんて出来ないんですよ


飛距離が、スピンが、などのデータであれば、

高額ではない弾道測定器で十分なのではないでしょうか


だから、あれが多いのかもしれませんが




最近では、弾道測定器を導入しました。

すぐにフィッティング出来ますって、

そんな簡単なものじゃないですよ


考え甘すぎます。

だから、売るためのパーツにしかならないんでしょうかね
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント