記事一覧

スポーツ心理学!

遅れ過ぎている日本の現状、どう思います

数年前、ゴルフで一番強い大学生に、「スポーツ心理学とか勉強してる」と聞いたところ、たまにカウンセラーの人来ますって言ってたのですが、「何してるの」と聞くと、「緊張してるとき太陽見るようにって言われました」って言ってました。

二人で、「太陽見たら眩しいから、目をパチクリさせて緊張ほぐれるのかな~」って大笑いしてました


私自身も、昔ある選手のキャディをしていたので、スポーツ心理学の分厚い本を何度も読んだりはしましたが、太陽見るなんて

そして、先日お客様で、スポーツ心理学を勉強されている方にその話をすると、大笑いで、あまりにも日本は遅れていると言う事でした。

ゴルフには、そんなもの必要ないと言う方もいらっしゃるかもしれないですが、現代では必要不可欠なものだと思います。

昔、東ドイツがまだあるころ、またソ連があったころは、スポーツ心理学においては、先陣を切って指導していた、そのため常勝軍団となったと言う事を聞いていました。
あくまでも聞いた話ですが

それから何十年かは解りませんが、少しはそのような勉強もするべきではないのかなと思います。

ようやく、フィジカルフィジカルと言われるようになり、ブームのように流行りだし、日本のいつもの状況だと流行りで終わりそうな予感もしますが、きちんと日本のトップの方々が、声を大にして言うべきではないのかなと痛感致します。

ということで、良いものをいただきました。

また、これからきちっとしたシステムのようなものが出来上がりましたら、ご報告いたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント