記事一覧

良い長尺、悪い長尺!

昨日のお客様ですが、必殺の組み合わせで47インチの長尺です

よく目にする組み合わせの為、あ~またかという心境です。

そして、フィッティングを始めるとやはりです。

次のグラフは、ヘッドスピードの推移を表しています。
MY DRIVER

このグラフはヘッドスピードが加速している様子ですが、途中にうねっているところが見受けられます。
赤丸の所です。

これはその部分で、加速の度合いが減少してると言う事です。
インパクト手前であれば、ボールに合わせてると言う事が予測できます。

長尺過ぎると、このような現象は多々出てきます。

この方は、当たる所も一定ではないため、特殊なアドレスをされていました。


そして、フィッティング後のグラフです。
FITTING DRIVER

うねりは消えました。

この方の47インチドライバーでは、ヘッドスピード40.4㎧でした。フィッティング後は45.75インチで40.3㎧でした。
ほぼ同じです。

しかしスマッシュファクター(ミート率)は47インチが、1.39で、45.75インチが1.45です。
ボール初速は、56.1㎧と58.4㎧です。

約2㎧もの違いですが、どこに長尺にする意味があるのでしょうか


「飛ばないから長尺にしましょう、そうするとヘッドスピード上がりますから」と言われるのでしょうが、当店であれば、「長尺にしましょう、ヘッドスピード上がるかもしれませんが、ミート率下がる可能性があります、するとボール初速が落ちると思いますが、それでも長尺にしますか」とまで言うと思います。

人によって良い選択肢になるものでもあり、悪い選択肢にもなりうる長尺、安易にはお勧めいたしませんが、何故なんでしょう


適当なフィッティングなら、しない方が良いと思うのですが
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント