飛距離アップの方法 パート4

ヘッドスピード、スマッシュファクター、打出角と続き、今回はスピン量です。

打出角同様、適正スピン量なるものがあるようですが、打出角とは反対で、相当低く打ち出されたものが適正スピン量であれば、ボールは上がっていきません。
その逆も同じことです。

なので人それぞれの適正スピン量が存在するとお考え下さい。

そして、スピン量は、打出角同様、その方のスイングが相当影響するもので、スピン量の大変多い方が、クラブによって大幅に軽減されたような宣伝もありますが、物理的には相当難しいことではあると思います。

相当な企業努力で、そのようなクラブを作られたのかもしれませんが、通常ではあまり考えにくいことだと思います。

そして、ヘッドの当たる位置でもスピン量は変わるため、そこは逆に利用することも考えればよいのでしょうが、真ん中に当てようとする心理の中で、違う所に毎回毎回当てることは、これまた容易ではないと思います。

フェイスの上側に当てるとスピン量が減るので、上側に当てましょうなんてことも聞きますが、真ん中にすら当たらないアマチュアにそこまでを望むのは、酷すぎないでしょうか

物理的に考えると、簡単なフィッティングにはなると思うのですが、現状を知る、まずそこから始めることだと思うのですが
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント