記事一覧

Puttlabで解ること③

Puttlabで解ることの最終回です。

今回まずはRotation
Rotation_2017090616272735f.png

ストロークのトップからフィニッシュまで、どの程度フェイスを開閉してるのか、またインパクト前後どの程度の開閉があるのかを見ます。
これによって、手首の動きを予測いたします。

アマチュアの方は、考えてるよりも、多いようです。

そして次はFace Angle rel. to path
Face angle rel to path

スイング軌道に対するフェイスの角度です。

大切なことが解ります。

これを見て説明すると、お客様が納得されることが多いんです。

そして、Movement dynamics
Movement dynamics

パターでも重要なヘッドスピードと、加速の度合いです。

これも、面白いデータが出るので、「なるほど~、そうそう」と言われることが多いです。

そして最後に、Timing
Timing.png

これは、人それぞれですが、スイング中のストロークのタイミングです。

あまり注視することはありませんが、面白いデータが撮れるのと、リズムの悪い人は、酷い結果になることもあります。


このように、Puttlabでは沢山の事が解り、問題点が可視化できるので、今後どのようにすれば良いのか、どう対処すればよいのかが、一目瞭然になります。
いつまでも、こうしてみよう、ああしてみようと言う事がなくなり、ああすればよい、こうすればよいと言う事になり、ストロークをシンプルに考えられるようになるでしょう。

そして、このパッティングは、通常のフルスイングにも影響することが解るはずです。

ですので、是非一度体験してみてください。

私達、GOLF LABでは、寝屋川市の本店、枚方市の池之宮店で、有料ですが予約制で行っております。

また、今月の24日には、富山県高岡市のGOLF LAB フレンドリーショップの”ゴルフスタジオJUST”でフィッテイング会を開催いたします。
こちらもご予約制ですので、ご希望の方は”ゴルフスタジオJUST”までお問い合わせください。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント