FC2ブログ

ゴルフスタジオJUSTでのPuttlab!

9月24日、富山県高岡市のフレンドリーショップ、”ゴルフスタジオJUST”にてPuttlabのフィッティング会を行いました。

色々なストロークの方がいらっしゃいましたが、受けられました方の中からBefore、Afterを見ていただきたいと思います。

まずはお一人目のBefore
BeforeC様
インパクトでは、フェイスが3.4度オープンになり、スイング軌道も3.5度のインサイドアウト軌道です。

実際に飛び出している方向は、3.4度右に飛び出しています。
この状態だと、90センチのパッティング距離で、距離もぴったり打てば何とか入るかなと言う状態です

この方、アドレスで相当右を向かれてたので、それを説明させていただきました。

そしてAfterです
C様After
一番下の数値、0.2度だけ右に飛び出しています。

SpinAxisが影響するので、何とも申し上げにくいのですが、飛び出し方向だけを考えると、15メートルは何とか入るかなと言う状態までになりました。(そもそも15メートルは入れにいかないですね


そして、次のお客様は富山県でも大きな大会に出られるトップアマのお客様です。

まずはBefore
BeforeD様

ショットでは、完全なドローヒッターの為、パッティングでも同じような右に打ち出す癖があるようです。

D-PLANEから考えると、大変影響度の大きい部分を改善できるようにお話しさせていただきました。

そして、Afterです
D様After

どの部分がどうなり、どのような問題点があるのかを明確化することで、今後何をすればよいのかが解るようになります。

今回の方々には、今後ライ角やロフト角の調整もご提案させていただきました。

最後のお客様は、このようなストロークでした。
ストロークを上から見た状況です(黒い点がボールです)
E様Before
テイクバックが小さすぎるために、インパクトで急激にヘッドスピードを上げて、いわゆるパンチの入ったインパクトをされます。

E様After
テイクバックを少しだけ大きくすることで、パンチがなくなればよいのですが、まだまだ慣れてない部分もあり、安定感には欠けています。


このようにフィッティングを受けていただくことで、今後のラウンド中に、色々なミスが出ても、あれが原因だなと気付けるため、悩むことはなくなると思います。

また、適正なパターや、ロフト角、ライ角が解り、今後の購入の際にも大変役立つものと思います。

機会があれば、是非受けていただきたいフィッティングだと思うのですが





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント