FC2ブログ

本当にそれでいいんですか?

本日ご来店いただいたお客様は、今まで中古ショップでクラブを揃えられていたお客様です。

何が良くて、何が悪いのかが解らないと言う事で、いざフィッティングです。


アイアンは、大変難しいヘッドの物を使われていましたが、ヘッドスピードがあるので良いのですが、スピンロフトが少なく、どうしてもスピン不足に陥ってしまいます

シャフトを相当柔らかくすると、若干スピン量が増えるものの、難しいヘッド故、ダイナミックロフトも付きにくく、スピン不足は補えない様子でした。


そしてドライバーですが、2本持たれており、エースドライバーは9度と表示されていますが、リアルロフトは10.5度、もう1本は同じく表示が9度で、リアルロフトも9度でした。

お客様は同じ表示だったので、もちろん同じと思われていたようですが、工房併設のショップ以外での購入は、こうなるでしょうね

そしてエースドライバーを打っていただくと、相当な高さで、ランがほとんどない状態です。
一瞬、これがエースドライバーなのかなと感じるぐらいでした

ダイナミックロフトも多くなり、ただ上手い形で、スピン量が増えた時は飛距離も伸びるようです。
この球筋が10球に1球程度出るために、良いドライバーと思われていたのかもしれません。

そして、もう1本のドライバーを打っていただくと、もちろんダイナミックロフトも減り、平均的に飛距離も安定し、ランも普通程度のランとなり、良いデータが続きます。
当たるともちろん飛びます、しかし、エースドライバーよりも飛んでる感じで、ミスをしてもエースドライバーは飛び、間違いなくこちらがエースドライバーと言う感じでした。

しかし、長さが少し長く、これは今後考える余地があると思います。

ということで、エースドライバーは格下げしてもらい、サブのドライバーがエースへと格上げです。

全く良くないと思っていたドライバーが、蓋を開けてみたら良かったなんて、測定して良かったと喜んでいただけました
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント