記事一覧

日本オープンゴルフでの飛距離表示!

只今、岐阜関カントリークラブで、2017日本オープンゴルフ選手権が行われていますが、ところどころでTRACK MANを使った飛距離測定を表示しています。

今までも、TRACK MANを使って飛距離測定をしてるトーナメントがありましたが、キャリー表示だったでしょうか、それとも総飛距離表示だったでしょうか

今回はキャリー表示ですが、それは何故かと言うと、ランは計算値になるからなんです。

では飛距離を出すようにするためには、地面を硬い状態にすると、ランは多くなり総飛距離が増えるようになります。


しかし、今回のテレビ放送では、着地点でのカメラも用意しているために、総飛距離表示にすると、視聴者の方は「ランが出てないのに、何であんなに転がってるの」となるからだろうと推測されます。

これはこれで、さすがNHKだと思います。

そうなると、日本のトッププロのキャリーが解れば、コマーシャルなどで使われているTRACK MANの飛距離も予測がつくのではないでしょうか

プロほどではないアマチュアの方が出てきて、「凄い○○ヤード飛んでる」って言うのはどうなんでしょう

そして、これからはキャリーを見てもらえば、解りやすいかもしれません。

あるいは、○○ヤード飛んだ~と言ってるのが、総飛距離であるのは、ランが多めに出ている可能性があるかもしれません。

あまりにも誇大な広告は良くないと思うのですが、いかがですか
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

golflabjpn

Author:golflabjpn
GOLF LAB jpn®ブログへようこそ!

大阪府寝屋川市でフィッティングメインのゴルフ工房を営業しています。
日々のあんなことやこんなこと、思いついたことなどを投稿しています。

よろしくお願いいたします。