何で、そうなるの?

本日最後のお客様は、女性の競技ゴルファーの方です。

もう少し距離が欲しいとのことでしたが、まだ飛ぶのか、いざフィッティングです


早速打っていただくと、ダイナミックロフトが、多い多い

20度以上は当たり前、30度手前も連発です


お話を伺うと、スピン量が4000回転を超えることもあるそうです。

では4000回転を超えるのに、何故そのクラブなのと言う感じです

リアルロフトは11.5度で、シャフトは40g台のRです。

長さは46.25インチのD3


スピン量増やしてるんですかね


そしてインパクトの形も、シャフトが撓る、ダイナミックロフトが増えるインパクトの為に、ボールは高く高く、ですがたまにスピン量が減ると飛んでいきます。

これって、何球か打った中で、たまたま飛んだからこれですって言うフィッティングなのかな


ちょっとあまりにも酷いクラブじゃないですかね~



インパクトの形を考え、○○なシャフトを打っていただき、ロフトも考えながらで、すべて2000回転台に収まりました

ですが飛距離がもう少しなので、次回GEARSを使って、適正なロフトを探していきたいと思います。



しかし、”これ飛ぶから良いですよフィッティング”は、止めといた方が良いと思うんですが
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント