記事一覧

弾道測定器の役割

当店で使用している”FlightScope”という弾道測定器は、ミサイルを追いかける軍事用に似たレーダーを使用しています。

オープン当時は、”アキュベクターPRO”と言うものを使用していました。

そして、”FlightScope KUDU”

そして、”FlightScope X1"を使い、

現在は、”FlightScope X2 Elite” & ”GC2、HMT” です。

メインは、”FlightScope”で、当店のフィッティングルームは、約10ydあるので、追尾距離も長く、データ的には相当正確だと思います。
小さい所では、カメラ式の”GC2、HMT”がいいのかもしれませんが、両者のデータには相当な違いがあるため、
信頼できる”FlightScope”を使用しています。

5年ぐらい前から”FlightScope”社の弾道測定器を使用していますが、よくメーカーさんに「当時、なぜFlightScopeを選んだのですか?」と聞かれます。

私たちはフィッティングをするうえで、データが正しくはじき出されなければ、お客様に違うものをお渡しすることとなります。
その為測定器選びは、下手をすればお店の信頼にも関わることにもなるため、慎重に行動しました。

色々な国のあらゆる測定器を見つけ、メーカーへの問い合わせではなく、海外の知り合いに色々な情報を得たうえで、検討を重ねました。

そんな中、先日投稿したD-PLANEに準じてなければ、全てのデータが違ったものになると助言をいただき、それが第一条件となりました。
すると、当時では数社に限られてしまい、そこからは簡単なものでした。

そしてたどり着いたのが、”FlightScope”でした。

その当時から現在に至るまで、同じメーカーの測定器を使い続けているのは、本当に信頼できるからです。

今でも、暇があれば、世界の弾道測定器を探しています。

そんな中から、”GERAS”も見つけ出し、店舗に設置することとなりました。

今、また注目している測定器があります。
いつしか導入するかもしれませんが、現状の測定器で大変満足しており、早急にという話ではありません。



そして、お客様に注意していただきたいのは、色々なお店で、測定機器が違うと測り方も変わってきてしまいます。

”FlightScope”と”TRACKMAN”は同じドップラーレーダーというものを使用していますが、ヘッドデータの詳細は少し違うところを計測しています。
そして、”GC2”と”アキュベクター”、”SKYTRACK”はカメラ式で、これも数値に違いが出るでしょう。

なので、どれが正しいかというのは、はっきりとは解りません。

ただ、私は”FlightScope”が今の所は正しいと思っているために使用しています。

また、”FlightScope”の確認のために”GEARS”を使用することもあります。

適材適所、これに尽きるような気もするのですが?

無題
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

golflabjpn

Author:golflabjpn
GOLF LAB jpn®ブログへようこそ!

大阪府寝屋川市でフィッティングメインのゴルフ工房を営業しています。
日々のあんなことやこんなこと、思いついたことなどを投稿しています。

よろしくお願いいたします。