記事一覧

パターのライ角も!

先程はパターのロフト角についてでしたが、今回はライ角です。

ライ角、最近ではアイアンのライ角の重要性は感じて頂いてると思いますが、パターではどうでしょう


先程のロフトですが、パターにも色々なロフトのものがあります。

そしてロフトがあるという事は、ライ角の影響を受けるということにもなります。


ロフトが0度の時のみ影響は受けません。
これは、わからなければ、お近くの工房で聞いていただくと説明していただけると思います。

考え方としては、アインと同じなので、単純な話になります。


となると、10㎝程度のカップに入れないといけないパターでは、このライ角は相当な重要ポイントになるのかもしれません。

それをないがしろにしている傾向は大変強いように思います。


当店では、今まで63度から75度までと色々なご注文をいただいております。


色々なストロークや、アドレスがあるわけですから、考えてみる価値はあると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント