FC2ブログ

コースと違うので!

「250から260は飛ぶんです」と言われ、測定してみると、

だいたいが200ydぐらいの飛距離でした。


お客様は、「コースとこのような所では違うので」と言われます。


実際のところ、FlightScopeの場合では素振りでも測定できるので、素振りと実際に打っていただくスイングとでは、大きく違う方も多く見受けられますが、ボールが出てきた時点で、ボールに当てないといけないと言う意思が現れ、大きく変わる方はそう多くはいません。

それどころか、同じような傾向でスイングする方が殆どと言ってもいいくらいです。


その後も、その飛距離を受け入れることが相当嫌なようで、ヘッドスピードを上げようとし、今度はボールに当たることすら難しい状況へと陥りました。


そしていろいろ話すうちに、あることに気付きました。

その方、ある河川敷のゴルフ場に良く行かれるそうです。
私も言ったことのあるゴルフ場です。


そのコースの1番ホールは、飛距離が確か470ydぐらいだったと思います。
ですが、私が行った際レーザー飛距離計で測定したときには420ydしかありませんでした。

その差はなんと50ydです。


「そらアカンは」と思ったので、よーく憶えています。


そのお客様、「あの1番で、残りが200ydちょっとやから、250yd以上飛ばないと、そんな残り距離になるはずがない」と言う事だったんです。

なるほどと思い、そのことを説明し、更に細かく説明させていただくと、最後に「そらそうやな、そんな飛ぶ訳ないよな」と納得していただき、フィッティングは無事終了いたしました。


飛距離は20ydぐらいは飛ぶようになり、作製させていただくことになりましたが、少し時間の掛かったフィッティングでした。


コースの場合は、マットがなかったりするので、向きが変わることがあると思います。
その為、方向などに違いは出るでしょうが、ボールへのコンタクトの仕方は、それほど大きく変わることはないと思います。

もし違うとなると、お店でのフィッティングは不可能になってしまいます。

最近では、「以前ドライバーを作ったんですが、次はFWを」と予約いただく方や、UT、アイアンをと言う方が大変目立ちます。

違う環境でフィッティングを行い、違うスイングの元作製したクラブは、間違いなく合わないと思うのですが、そのような方は少なく、凄く変わることはないと思うのですが
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント