FC2ブログ

フィッティングしてシャフトを変えたら悪くなりました???

本日朝一のお客様ですが、市販クラブを購入後、すぐにフィッティングを受けられたそうです。

フィッティング後、適正だと言われるシャフトに交換したそうです。


そして、調子が悪いと言う事で、本日ご来店いただきました。


フィッティングが始まり、身体を温めていただいてる段階で、お客様の癖が解り、少しあおり打ちの傾向がありました。

その為、打ち込みにくいスイングの為、アタックアングルは予想通り、煽り打ってる状況です。

そうなると、シャフトは撓りやすくなるのですが、撓りやすいシャフトに交換しているせいか、ダイナミックロフトは30度を超えてしまいます

どう考えても、以前のシャフトの方が良いように思うのですが

334236.png

ダイナミックロフトは、赤丸の33.6度、打出角は黄丸の23.6度にまでなっています



ですので、そのあたりを考慮しながら、フィッティングを続け、最終的には、このようなデータになりました。
306218.png

ダイナミックロフトは、赤丸の30.6度、打出角は黄丸の21.8度にまでなりました

そして、もともとロフトが寝気味のアイアンでしたので、少しだけ立てることで完了です。


球筋は、スイングの影響もありますが、ロフトが多くなることで、SpinAxisもゆがみやすくなり、以前はこんな弾道が多く見受けられました。
Before_2017121315345858f.png


ですが、フィッティング後のシャフトでは、このような弾道が目立つようになりました
After_2017121315350063c.png


フィッティングをしたのは良いですが、良いものから悪い物への変更は如何なものですかね~

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント