FC2ブログ

このままでいいんでしょうか?

今日のお客様ですが、あるフィッティングイベントで、有名な方にフィッティングしていただいたようですが、何か違和感を感じ、再度確認したいとのことでご来店いただきました。

現状のシャフトが硬いと言われ、軟らかいシャフトを勧められ、試打セットをメーカーさんからレンタルされたそうです。
その結果は、惨憺たるものでどうしようもなかったそうです。

そして本日、私は一目で解りました。
硬いではなく、軟らかい!

でも、有名な方と真逆です?
しかし、余りにも解りやすいスイングなのに、なぜ反対なの?

そしてFlightScopeのある部分を見ても一目瞭然、しかし真逆???

何か意図があるのか、それにしても???

確認のためにGearsを使用しました。

しかし、軟らかい???

どう考えても軟らかい???

見ただけで解るのに???



これが、今の日本の現状では???

すると、お客様はこういうフィッティングを受けていると、フィッティングの重要さは感じないはず。

やっぱり量販店の方がってなるはずです。

これは変えていかないと、工房でのフィッティングという存在意義自体がなくなるのでは???

フィッティングという名前が普及しだした、ど真ん中にいる現在、私たちのやり方でどうにでも変わるんだと、怖くも感じました。

本当にこのままでいいのか、改めて感じた瞬間でした!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント