あまりにも撓りすぎて~?

今年最後のフィッティングのお客様です。

極端なインサイドアウト軌道と出るのですが、何か変な感じがします

目で見てても、それほどまでに極端な軌道には見えないのですが・・・

弾道はこんな感じなんで、インサイドアウトはしょうがないですが
Before_20171228172626324.png


なので、”GEARS”で確認することにしました。


すると、異常なほどの撓り量

撓りすぎてるので、振り子の原理で考えていただくと分かりますが、ヘッドスピードも伸びません

当店では、ドラコン選手以来の撓りで、フェイスが左を向いてしまいます。


この方のシャフト、○○なんですが、撓りすぎる傾向が目立ちます。


なので、通常のシャフトの倍以上撓ります。


撓りすぎるので、フェイスが左を向いてしまうわけです。

通常はこれほど撓らないので、フェイスが極端に左を向くことはありません。



軟らかいと左に飛ぶ、硬いと右に飛ぶ、とよく言われますが、そのようなことはありません
いわゆる神話とでも言いましょうか


なので、ちょっと硬めのシャフトで試してみました。

すると
After_201712281726283ad.png

適正な撓り方をすると、ヘッドスピードも普通に上がります。

すると距離も必然的に上がります。


こんな感じで、今年最後のフィッティングも終了いたしました。

また、飛ぶ方が増えて良かった良かった

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント