今年も残すところあとわずか!

今年も本日のみとなりました。


当店は、2010年の3月6日にオープンし、8回目の大晦日を迎えることとなります。



オープン時、不景気なこの時代になぜお店を立ち上げるのかと、色々な方に反対され、自分自身もどうなるのか不安でしょうがなかったのを憶えています。



その不安を払拭するため、夜な夜な勉強し、ニュージーランドやアメリカのゴルフ関係者とコンタクトを取り、多数のことを学びながら、そしてオープンさせていただきました。



そして、当初はアキュベクタープロという弾道測定器と、Puttlabの2台の測定器でオープンいたしました。

今と変わらず、フィッティングがメインの工房です。


しかし、振り返るとアキュベクタープロは、D-PLANEのデータではないので、フェイス角が反対になったりすることもあり、よくあの測定器でフィッティングをしていたなと、懐かしく思います




そして、ニュージーランドのPGA関係者に聞くと、間違いなくFlightScopeが良いと言う事で、購入を決意いたしました。

多分、その当時では日本に数台しかないものだったと思います。

今ではほとんど見ない”FlightScope Kudu”というものです。




しかし、その測定器が入ってきたときは衝撃的でした。



その後、”FlightScope X1”、”FlightScope X2 elite”へと変貌してきました。



2015年の2月には、大阪の名門ゴルフ場を貸し切り、5周年記念のコンペも開催いたしました。

このコンペ、盛大なものとなり、AKIRAの久保谷健一選手、河野晃一郎選手、現在ではブリヂストン契約となった長谷川祥平選手、他にも多数のプロの方に出場いただき、また雑誌社まで来ていただき、5周年の勢いをつけることが出来ました。




2015年10月には現在の店舗に移転しました。

以前の店舗では、フィッティングルームは4m×4m、高さは3mでした。(開店時は相当満足していました。)
そして、パッティングは、3.9m×0.56mのパターマットでした。(高級なものだったので満足でした。)



しかし、フィッティングの際、お客様に「天井に当たらない」「支柱に当たりそうな気がする」「コースとは違うよな」と言われることが多く、コースと近い状況の所をと考え、現在の所へ移転いたしました。


現在のフィッティングルームは、下記をクリックしてください。
GOLF LAB jpn

奥までは10mあり、前後も6m弱、高さは4.5m(ネットまで)、もう当たる心配はありません。
そしてパッティンググリーンも、7m×3m、十分なものだと自負しております。


色々なメーカーさんには、日本一と言われることもあり、お客様からも店内に入った後、フィッティングルームに入られた瞬間、「ひろっ」と言われることも多々あります。

それぐらい施設には自信があります。



そして、移転と共にゴルフのMRIと言われる”GEARS”をいち早く導入し、早くも2年が経過致しました。





現在は、”GOLF LAB フレンドリーショップ”が当店含め6店舗となり、日々勉強に励む集団となっております。





私たちのフィッティングは、弾道測定器を見ながら、「これ飛んでますね~」、「このクラブ、スピン量が多いですね~」、「ヘッドスピードが速いですね~」という単純すぎる、”弾道測定器を使った試打会”ではありません。

物理的、科学的に考え、データを細かく分析し、データとデータから予測をし解決していく、という他とは違った、本来のフィッティングをしていると思います。



この本来のフィッティングを受けていただき、今年は昨日も書きましたが、プロからご年配の方、女性やジュニアの方々に納得いただけたと思っております。

ゴルフ工房と言うものは、敷居が高いと言いますが、そんなことは全くありません。

一歩足を踏み入れていただければ、必ず何か新しい発見があるはずです。



むやみやたらに練習するよりは、何をどのようにすれば良いのかが、一目瞭然で解ります。


ぜひぜひフィッティングを受けてみてください。


私たち、”GOLF LAB フレンドリーショップ”で、普通ではありますが、本来のフィッティングを体感してみてください。

FlightScopeの、全データを細かく解析し、最適クラブを探し出します。




来年も更に勉強を積み重ね、もっともっと確実なフィッティングを、皆様に喜んでいただける店舗を目指していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。




なお、新年は1月4日、11時からの営業となります。

それでは、皆様良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント