FC2ブログ

どのように変えますか?

本日も、SmashFactorなどなど、ヘッドスピードに関心が寄りすぎな状況を考えていただければと思います。





それではこれからは想定です。

①まずはアマチュアの多いパターンで、飛ばそうとするがために、力が入りすぎ、クラブを煽るような形になり、トップしてしまう状況です。(しかし、ヘッドスピードはいつもより早いかも
4514123200.png

ヘッドスピードは、約45㎧の想定です。
少し頑張りすぎたので、SmashFactorは1.40になりました。

初速は、140mphの想定です。

ですが煽り打ちの為に、フェイス下部に当たり、打出角が12度になりました。
それによりスピン量も3200rpmに増えてしまいました。
少しトップ気味な感じと思っていただくと良いかもしれません。

赤丸内は、総飛距離です。

235.6ydです。




②次は、そんなミスもあり、慎重にに打っていただいたと仮定いたします。
ヘッドスピードは、約40㎧です。
SmashFctorは1.50になりました。

初速は134mphです。

4015202000.png

打出角は20度、スピン量も2000rpmです。

総飛距離は、235.1ydです。

先ほどとは0.5ydの違いです。

滅茶振りではないので、こちらの方が方向性は良くなる可能性があります。




③次は、もう少し距離がが欲しいので、スピードを上げつつ、ですがSmashFactorが落ちないように打ちました。

ヘッドスピードは、約42㎧です。
SmashFctorは1.45になりました。

初速は136mphです。

42145182000.png


総飛距離は、239.3ydになりました。







④最後に、このデータでもう少し飛ぶように考えてみましょう。
42145191800.png

③のデータに打出角を1度だけプラスしました。

それで総飛距離は、240.1ydになりました。








と言う風に、色々な想定が出来ると思います。


このデータ量では大変少ないのですが、色々なデータから、この部分は変えれる、この部分は変えれないという所が出てくるので、それを私たちは変えることで飛距離アップ、あるいは方向性アップを目指します。



ただただ打っていただいて、これ飛びます、これ飛びませんではありません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント