変じゃないかな?

昨日より富山県の高岡市のゴルフスタジオJUSTへ勉強に来てます。

夜には、店主ご夫婦と食事をしながら、あんなことやこんなことを!


で、疑問に思ったのですが、工房の店主がゴルフのトップアマであるべきということ???

話の中で、店主がトップアマでないといけないという話が出て来たので、「そんなバカな」と思いました。

ゴルフはプレイヤーであるべきでしょうが、上手い必要はないと思います。

なぜなら、私達は、フィッティングや組み立てのスペシャリストであり、プレーのスペシャリストではないのです。

以前にも書いたかもしれないですが、2足の草鞋は履けません


ですが、そんな風潮もあるようです。

しかし、松山英樹選手はフィッティングのスペシャリストでしょうか?
はたまた、石川遼選手は、組み立てのスペシャリストでしょうか?
いえいえ、違います。

松山英樹選手には、SRIXONのクラフトマンがいますし、SRIXONのフィッターがいます。
石川遼選手にもです。

全てのスペシャリストが集まり、一つの集団になるのです。

それが TEAM です。

何でもかんでも自分一人で、は無理です。

昔はそんなお店がたくさんありました。

店主がどこどこのクラチャンで、県の大会で上位に入ってって感じの?????
スイングは俺が教えたるってぐらいの感じで?

でもいくらクラチャンでも、工房の店主です、アマチュアです、レッスンプロは教えるスペシャリストのはず?
それにそんな店主、教えてお客様が上手くならなくても責任がないんですから?
それはダメでしょう!

責任のあるレッスンプロにお願いするべきです。
お金とってるんですから!
対価です。

ですが、そんな店主は、対価をとってるんでしょうね、クラブを言葉巧みに売るんでしょう!
「俺が言うから間違いない」なんて(大笑)

フィッティングなんかも、何も使わず「今のいい感じ、シャフトが走ってる」なんて????
そのスピードが見える目、すごいなって思ってしまいます(大爆笑)

ですが、そんなお店どこ行ったんでしょう?

今の時代は科学です、物理です。
感覚は大切だと思いますが、見えないところは測定器に任せるべきです。

そんな点は、機械に勝てません。





実は私が生まれて初めて入った工房もそんなお店でした!

入店するなり、常連さんがこちらをジラっと睨み、いらっしゃいませもなく、何も詳しく聞かずに
「これが良いよ」、訳もわからず餌食になりました!

そんなお店、もう無いでしょうが、もしあるのなら行ってみたいですね(笑笑)



あったら教えてください、密かに行きたいと思います。




私たちは、フィッティングのスペシャリストです。
ですが、プロゴルファーではありません。
プロゴルファーではありませんが、フィッティングには自信があります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント