FC2ブログ

ヘッドスピードが38m/sなので!

ヘッドスピードが38m/sなので、Rになりました。




というお客様が来店されました。



実際測定すると、36〜37程度です。



現在のクラブを購入した際は、必殺、ヘッドスピードが◯◯なので、◯です攻撃をうけて、Rになったようです

この方法もそろそろ止めたらどうって思うんですが



で早速打っていただくことにしましたが、ボールが全然上がりません


しかし、リアルロフトは16度あるクラブです。


アタックアングルが極端なダウンブローでもなく、数値的にはアッパーで、見た感じも明らかにアッパーブローです。



上がらなければどうするか










そうです、単純にロフトの多いものにすればいいんです










って、そんな単純なものではありません














なぜ上がらないのかを深く考えないといけません。











ボール上がらないのでロフト増やしましょう、なんて単純な答えだったらフィッター失格です。
(そんな単純な場合もありますが、全てに詳細な理由があります。)








なので、あらゆるデータから、深く深く考えます。








これが、もし試打で決めるようなことであれば、どうなるでしょう




フィッターの方が付いていれば解るかもしれませんが、これまた先日ご紹介したレンジボールだとさらに上がらないので、全然上がらないということになるかもしれません。

また、借りて試打した場合は、お店に行って全然上がりませんでしたと口頭で述べるしかないでしょう。
お客様自身が、こうなりああなり、上がりませんでしたと、フィッター並みに話すことはまずないでしょう。




となると、室内のきちんとしたフィッターのいる所で、フィッティングするのが一番ベストな選択ではないでしょうか






そんなキチンとしたフィッターであれば、ボールが上がらないから簡単にロフトを増やしましょう、ではなく、あらゆる観点から、なぜボールが上がらないのかを探し出し、的確な判断で適正クラブへと導いてくれるはずです。







話がそれまくりましたが、先ほどの方は違うことが原因でボールが上がっていなかったことが判明しました。


すごく簡単なことなので、少し考えていただければ解ると思います。







そして、シャフトもRにしたことが大きな原因であり、ヘッドスピードで考えること自体ナンセンスな結果となった事例だと思います。





なぜそうなったのか、お近くのフィッティングをしてるお店さんで聞いていただくと、ボールの上がらない原因を列挙してくれると思うので、その中の一つです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント