FC2ブログ

どんなレベルの人がフィッティングを受けるのですか?

お電話で、「どんなレベルの人がフィッティングを受けるのですか」、「私みたいな者でも大丈夫ですか」と聞かれます。


今シーズンオフには、トーナメントに出るプロの方や、上級者の方が大変目立ちます。
なぜなら、シーズン前までにはクラブを自分のものにしておかないといけないので、今のうちに作成し慣らすためです。

ですが、シーズンに入ると、スコアでは100以上のスコアの方など、色々なレベルの方にフィッテイングを受けていただいております。

本来なら、シーズンオフである今の時期が、シーズンインとともに慣れたクラブでプレイできる良い時期だとは思いますが





では、下手だ下手だと言われる方が受けてどのような効果があるかということですが、初歩的観点から申し上げると、ただ単にどのようなスイングをしてるのかということが解ります。

それが解ることにより、ボールにどのような影響を与えているのかということが解ります。

そこが解れば、物理と科学です。

なぜ曲がるのかということが解ります。

曲がりを抑えるため、あるいは飛ばすためにはどのようなシャフトヘッドを使えば良いのか、が解ります。


フィッティングの初歩の初歩です。

ですが、これ以上のことはたくさん解ってきます。




これが、解っていれば次のレベルの発見があります。


なぜヘッドスピードが上がらないのか、なぜSmashFactorが上がらないのか、などなどレベルと共に解ることもレベルアップして行くような感じです。






ですから、下手だから、100を切れないからなど、フィッティングを受けてはいけないなど一切ありません。


私たちが使う言葉が難しければ、一声おかけください。
「解りません」と、それを解りやすく説明するのも、仕事の一つです。




いつも言うように、飛んでます、ヘッドスピード早いです、スピン量少ないですなどでは、パソコンを見るだけなので、お金をいただくには、申し訳ない気持ちになってしまいます。



それ以上のことをして初めてお金をいただけると思っております。



ですので、何かの発見を必ず持ち帰っていただけるように、お気軽に聞いていただくことが重要だと思います。



恥ずかしいからと言われる方もいらっしゃいますが、私自身は、お客様のスイングを見るのは数球しかありません。
あとは、インパクト音を聞きながら測定器のデータとにらめっこするだけです。


他にお客様が見ていることもありません。




必ず新しい発見があるはずです、レベルなど関係ありません。



気軽に、気軽なフィッティングを、試打ではないフィッティングを、一度体感して見てはいかがですか
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント