レッスンのような事は致しません。

寒さが大変厳しく、フィッティングも若干落ち着いている今週です。




最近では、レッスンはしないのと言う質問を受けます。




当店では、火曜日と木曜日にPGAのプロに来ていただき、マンツーマンレッスンをしていただいております。




なので、私がすることはありません。



タイトリストのTPI(Titlist Performance Institute)のLEBEL1とDr.Kwon Golf Biomechanics のLEBEL1の資格を持っていますが、それは本業ではありません。

また、お客様には”GEARS”があるのだから、それを使ってレッスンをすればと言われますが、あるから使うと言う安易な考えで本業以外のことはしたくありません。


お客様に対して、専門家ではない、曖昧な知識の中レッスンを行うと言うのは、大変失礼ではないかと思います。

これはお客様に対してでもあり、レッスンをしてる色々なプロの方々に対してでもです。
レッスンは誰にでもできると言うものではありません。


きちんとした資格を持ってる方々が、きちんとしたメソッドの元行うものであり、素人が行うのはどうかと思います。





私の本業はフィッティングと工房作業です。

ここで二つの本業があると言うのも、お客様には申し訳ないと思います。

本来ならば、どちらかが本業で、より専門家であると言う事が良いことだと考えますが、現状では両方を一人でするしかありません。

その点では、お客様には大変申し訳ないと思っております。





各部門の専門家が、一つにまとまり、フィッティングはAさん、作業はBさん、メンタルはCさん、フィジカルはDさんなどなどと言う風に専門家が、専門的なことのみをやるのが当然だと思います。

それを、すべてやりますでは、一つ一つの専門能力が薄れるのではないでしょうか







なので、私はフィッティングだけ、すいませんが今は作業もさせていただいておりますが










話がそれましたが、なのでレッスンは致しません。
”GEARS”があっても致しません。

もったいないと言われますが、致しません、その代わりフィッティングは専門的に、集中的にやりますのでご了承ください




作業を適当にしてるわけではありません、責任をもって致します。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント