データを紐解く!

データを見るのは大変良いことだと思いますが、それを見ただけで「あっ、そうか」ではあまり有効活用出来ていないと思います。


ヘッドスピードは、インパクトまで順調に伸びているのか

そんなん、伸びてるに決まってるやろ、と思われた方、そんなに簡単ではありません。


インパクト前にはボールに当てるという作業があります。
その為に〇〇なクラブであれば、加速の度合いが落ちることは多々あります。




そのデータを確認した上で、落ちてるようであれば効率的ではない為、改善しないといけません。




改善方法はいくつかあるので、その人にあった方法を探し出さなければいけません。











インパクトにしてもです。





すごく簡単にですが、ドライバーの場合ボールに上からクラブを当てると、ボールのスピン量は増える可能性が高くなります。(例外はたくさんあるので、ごく一例です。)

それを下からあてなさいというのは、フィッティングではなくレッスンになるので、そのようなことはいたしません。
ですが、フィッター的には違うことを提案いたします。



それでデータがどう変わるのかです。





そのデータの変化を見ていくのですが、試打では打ってもらうだけでただただデータ、いや距離を見るだけでしょう

それはただの試打して飛距離見てるだけでしょう。






ではなく、その方のスイング特性を見極めながら、一つ一つの飛距離不足、方向性不足の問題点を、クラブで改善していくのです。





巷にうじょうじょしている、試打のようなフィッティングを私たちのフィッティングとは一緒にしないでください。

間違いなく、そのような試打とは全く違うものですから




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント