クラブは完璧です?

クラブは完璧に作ってもらったけど、本当に大丈夫なのかなというお客様にご来店いただきました。




フィッティングをしてクラブを作成したわけではなく、試打をしながら、ご自分の感覚でクラブを決めたそうです。






試打とはいえ、数日間打って決めたのでと言うことですが、本当に大丈夫なのかなと言うことでいざフィッティングです。








シャフトは曲がりもなく、スパイン調整もしてもらい、バランスは細かく調整、全てにおいて完璧ですと仰っていました。(初めのうちは








ですが打っていくうちに顔付きは不安そうな顔つきになり、本当に申し訳ないのですが、明らかなオーバースペックです。


ボールは全く上がらず、スピン量も少なく、重過ぎるためかスイングは特徴的なスイングに

軽いシャフトを振っていただくと明らかな違いが



それらを説明していくうちに、お客様には大変納得していただけたようです。









そしてなんと言っても完璧に作ったクラブですが、無理なオーバースペックのクラブを使うがために、それを補うような打ち方になり、シャフトは・・・。




となると、人の力によりシャフトの挙動などは明らかな違いが出てくるため、一打一打で極端に違うデータへとなってしまいます。

これでは完璧に作ろうが、人間次第となってしまい、同じシャフトの動きではなくなってしまい、人間が操るただの棒状態です








フィッティングをしながら、科学と物理の説明をし、本当に理解いただけたようでしたが、通常とは違うほどの金額を使い作成したクラブがこうも違うことにショックを受けられていたようですが、当店でフィッティングを受けたいと思った時点で、実は薄々感じていましたと言うことでした。







もうこのような時代では無いと思います。

日が経つに連れ、色々なことが解明され、今までの事がおかしいのかなと感じることは多々あると思います。

その時点で次に進んでいかないと、どんどんどんどん遅れていくわけであり、今までの多分こうなるであろう、このような弊害があるのかななどの予測は、もう予測でしかなく、現実を受け入れるべきだと感じるのですが、いかがですか


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント