トゥダウンの影響!

本日のお客様は、フェイスセンターに当たることが少なく、殆どトゥ側でインパクトしていました。



これは、この方特有のスイングの為、


ではなく、シャフトの影響でした。


この方の特徴としては、Droopが多くなり、その影響でトゥ側でインパクトすることになっていました。

トゥーヒット




ヘッドスピードを考えると、42㎧以下の為、SRぐらいが妥当なところかもしれませんが、
(すいません、ヘッドスピードでシャフト硬度を選ぶことがないのでわかりません)

あることをしてしまうために、シャフトの動きに特徴があり、当店にあるシャフトの中でも○○が○○な物を
打っていただきました。

すると、トゥダウンは減り、センター付近でインパクトするようになりました。

以前のシャフトであれば、トゥ側に当たるために、フェイスが開きスライスしていた球筋も、

センターに当たるようになり、ほぼストレートな球筋へと変化いたしました。

センターヒット

当店では、試打クラブを何球も打っていただき、このシャフト飛んだからこれ、みたいな試打会みたいなフィッティングは致しません。

きちんとした計測器で測定し、解析し、より良い方法を考え、提案させていただきます。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント