記事一覧

Puttlab !

パターフィッティングのお客様ですが、以前にもフィッティングを受けていただき、ロフトの調整をさせていただきましたが、

今回は作製依頼でご来店いただきました。

以前同様ですが、超ハンドファーストでインパクトされています。

ですが、これがお客様のタイミングの取り方ですので、相当気にして練習しない限りは、今後も変わることがないと思います。

ですから、このインパクトを考えてのロフトで作製いたします。

ハンドファースト

この画像にもございますように、3度のロフトの有るパターですが、ハンドファーストでインパクトされるその角度が、-5.1度です。

インパクトの時は、-2.1度になってしまっています。

これでは、グリーンに打ちこんでいるような形になる恐れもあります(入射角も影響するので、例えばの話です。)

ですが、この方の予測される球筋は、-1.3度下方へ飛んでいるというデータです。

すると、ボールが跳ねることもあり、思い通りの距離を打つことは難しいと考えます。


ハンドファーストでインパクトすると、ロフトが0度に!
なんて言われてる方もいらっしゃいますが、それであれば、初めから0度にすればと思うのですが???

なぜかは、またフィッティングの時にお話ししたいと思います。





おまけです。
久しぶりに自分自身も測定してみました。

インパクトでは、2度程度開いていたのですが、あることをするようになり、ほぼスクエアにインパクト出来るようになりました。
こうなるのに、約3年かかりました。(パターが一番難しいです)

久しぶり












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

golflabjpn

Author:golflabjpn
GOLF LAB jpn®ブログへようこそ!

大阪府寝屋川市でフィッティングメインのゴルフ工房を営業しています。
日々のあんなことやこんなこと、思いついたことなどを投稿しています。

よろしくお願いいたします。