練習場では難しい!

この週末、富山県高岡市でのイベントに参加してきました。





FlightScopeが4台設置され、各メーカーさんのクラブやシャフト、またお客様ご自身の弾道を測定させていただきました。





しかしレンジボールなので、正確なデータが取れずに一苦労です。







飛ばすためには重要な要素がいくつかありますが、その要素をきちんと測れないために、最後にはレンジボールなのでと付け加えないとなりません。







なので全て仮定での話となってしまいます。






それでも真剣に聞いてくださるお客様には、コースボールで打てればすごくいいのにと思うばかりです。










あるお客様が帰り際に、「最後に質問なんですが、弾道の高さはどれぐらいですかと言われました」、私はきちんと返事することができませんでした、なぜならレンジボールだからです。





なので「目測なのであまりにも、だいたいな高さになるために、お店で測るしかありません」とお答えしました。



本当にそれしかないのです。

実際にはコースで測るべきではありますが、そのような条件で測定させてくれるコースも少ないでしょう。



とすると、お店でフィッティングしてもらうしかないと思います。










なので、本当にきちんとした飛距離を望むのであれば、きちんとしたところでフィッティングを受けてください。






それが飛距離アップには手っ取り早いと思います。








もし練習場で、しかもレンジボールでフィッティングをしてるようであればです。







本当に難しい、そう感じ過ぎた週末でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント