ヘッドスピードが遅いから!

遠くからお越しいただいたお客様ですが、あるお店でドライバー、FW、UT、アイアン、全てシャフト交換されたそうです。





ヘッドスピードが遅いからということで、すごく軟らかい、超軽量のシャフトを勧められ交換されました。




結果は、当店に来ていただいてる時点で・・・







金額は相当なものでしょう。






お客様は完全に疑心暗鬼に陥っているようです。






結果はこんな感じです
スライス


殆どがフェイスのトゥ側に当たります。

その為、力のないスライスに






何故なのか







軟らかすぎるので、トゥダウンが多くなり、トゥヒットが多くなります。
(トゥダウンが悪者だからではありません。)

必要量よりも多いと言う事です。


ヘッドスピードが遅いから、軟らかい軽量シャフトにすることによる、弊害です。


FITTING CLUB - 2018-4-12 - Swing 2 - Snapshot 1 

FITTING CLUB - 2018-4-12 - Swing 2 - Snapshot 2

FITTING CLUB - 2018-4-12 - Swing 2 - Snapshot 3




軽量で軟らかいシャフトは比較的○○が多く、このような現象も出てくることになります。





このようなことも視野に入れてお客様に勧めないと今回のようなことが起こってしまいます。









ヘッドスピードが遅いから、逆に早いから、女性だから、体格が良いから、などなど何故決めつけてしまうのか










シャフトにはでかでかと、自社のシールが貼られていました。






キチンと作業しましたよとでも言ってるのでしょうか







シャフト交換したクラブは、倉庫で眠ってますと言われていました。


また、お客様は、もうここへは行きませんと断言されていました。








こうならないためにも、きちんとしたフィッティングを受けるべきではないでしょうか
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント