最高到達点を上げる?

テレビを見てると、弾道測定器のデータが出ていました。




そして、コメンテーターの方が、「プロの最高到達点は高く、打出角と最高到達点を見てください」と言われていました。




それを見てどうするのかです。






同じにしろと言う事なのか、それともそれに近づけと言う事なのか






しかし、何度も言ってますが、レンジボールだと弾道は低く、そのデータはコースボールとは違うデータになってしまいます。




ましてや、一般のお客様はデータを計測しながらの練習は難しいと思います。





となると、プロは最高到達点が高いと言う情報を元に練習をすることになり、球を上げようとするスイングになる可能性があります。





すると、色々な弊害が出てきてしまいます。









弾道測定器のデータも良いのですが、プロであると言う事と、状況が違うと言う事、その他色々な違いがあるので、一言欲しかったなというのが感想です。







弾道の高さは大変重要です、その他にもたくさん重要なデータがあります。





しかし、それらはコースボールを使用したうえでのデータを見て行かないと大変なことになります。






そして、最高到達点と言っても、見てるのは打席からしか見てないはずです。


ドローンで見ると解りやすいかもしれませんが、見るところが打席からとなると、はっきりした高さを知ることは難しいでしょう。






ですので、あくまでも参考程度にしていただき、どうしてもという方は、お近くのFittingをしてくれるお店で確認することをお勧めいたします。






すると、きちっとしたデータが解ると思いますので、その方法が一番お勧めだと思います。












明日はアキラのツアーバスが来場いたします。

11時から17時までですので、お気軽にお越しください。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント