先入観の恐ろしさ!

先週Fittingに来られたお客様です。




友人の方に借りてるクラブがすごくいいんですという事でした。





早速Fittingすると






今までのクラブの方が良いのですが、現在は調子が酷すぎるがために、そのクラブだといい感じになってしまうんです


しかし、スイングは明らかに悪い状態です。




このまま、このクラブを使い続ければ、さらにどん底にという感じです。






現在の状況を助けてくれるものの、悪いスイングは間違いなくそのままに、それでもいいですかと、ご提案です。







それは困るという事で、細かく説明です。








そして、今お使いのシャフトを黒いシャフトに変えて打っていただきました。








すると、何球かに1球、酷すぎる弾道が出るのです。





その後、その球は頻発に出るようになり、「店長、これ打ちにくい」と言われました





「いや、同じシャフトです」と言うと、え~という表情です。




しかし、その兆候は出ており、ですがいい気分で打たれているがために、悪い弾道が出ても、良いイメージしか残らないのです。





これも詳しく説明させていただくと、なるほどと納得していただけました。







その後は、元のシャフトに戻しても、酷すぎる弾道の連発です。







先入観が働き、良い傾向ではあったものも、数球、本来の球筋が出れば、酷いものです。








これいいな~、凄いな~はその場ではいいかもしれませんが、本当にそうなのか、先入観、怖いですよ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント