振れる範囲の重い物って、何?

よく、シャフトなのかクラブなのか、選択方法として、「振れる範囲の中で重い物」と言われていますが、これって何って感じです。




余りにも根拠がなさ過ぎて、振れる範囲っていうところも、すごく適当に感じます。






例えば、280gのクラブを振っているとします、この方290gは振れないでしょうか


振れるでしょう

400gは、振れると言う観点から行くと振れるでしょう

なので、どう振れるのか、どう振るのかを見ていくべきだと考えます。




振れるとは、何を根拠に行ってるのか、現在のヘッドスピードが基準で、それより遅くならないような重いものだとか、きちっとした基準が無いのっておかしいと思うんですが



これだけは無いと願いたいのですが、お客様の振ってるのを見て、振れてますね、振れてないですね、なんてありえないですよね

このように基準がないので、この振れる範囲のという方法は無いと思います






なので、この点は慎重に考えていくべきだと思います。



今は、その点を重点的に確認しております。









超だいたいが多すぎて、ヘッド走ってますねなんてことが見える、神の目を持たれてる人もいるかもしれませんが、何か基準が無いと説得力もないように思ってしまいます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント