考え方で、簡単に!

アウトサイドインのスイング軌道で、フェイスを開いてインパクトされるお客様、凄く多いんです。



いわゆるスライスになる典型です。




その反対で、インサイドアウト軌道で、フェイスをさらに開いてインパクト、こんな方も目立ちます。



こちらもスライスです。






では、どうするか




捕まるシャフトを使います






いえいえ、物理的にはどれもスライスです。






なので、Fittingをしていくと、ある提案をさせていただきます。




すると、スイングが若干改善される方もいらっしゃいます。



これは企業秘密なので、ここでは言えません、すいません










ではでは、Fittingで変わらないと考えた場合、どうするかです。

簡単です、考え方を変えましょう。





まずは、こちら
15200015.png

2078.png

良くある弾道です。


このさらに右はOBです




この狙い方だと、コースは半分しか使ってないことになります。


半分です、狭いフェアウェイでラウンドしてるんです。

自分で難しくされてるんです




それではこちら
2152.png


2077.png


上の図と、SpinAxisは同じです。


ですが、ほぼフェアウェイセンターです。


コースを全面使ってるんです。



ただこれだけです。








「でも、これだと左に真っすぐ行ったときOBでしょ」と言う方がいらっしゃると思います。







それは違う所に問題のある可能性があります。




その点をなくしてあげれば、フェアウェイを全面使えるのです。






なので、もし急に左に飛ぶんですと言う方がいれば、通常の弾道を考えれば、物理的には無い事なので、原因究明しないといけないんです。



そして、スイングが良くなって真っすぐ飛ぶのが一番ですが、無理であれば、その曲がる弾道を安定させるのです。


曲がる弾道で飛ぶようなセッティングにするんです。






曲がってます、捕まるシャフトにしましょう、捕まるヘッドにしましょう、はです。


先ほども書きましたが、外からクラブが下りてきて、ボールを外から切るインパクトで、スライスしないとは、物理的には考えられません。(若干の例外もあります)



なので、安定させるんです。



飛ばないのは、ある事が問題になるので、安定させれば、そのあることをFittingで改善させればいいだけです。







これ捕まります、これでスライス治ります、は難しいと思います。



逆に武器に出来るんです。


明日ラウンドの方は、ぜひ試してください。








なお、当店22日は第4週目の日曜日ですので、翌23日と共にお休みとさせていただきます。



営業カレンダーを変更いたしましたのでご確認ください。

また、Fitting予約は、ネットからでも可能ですので、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント