明らかな格差!

知ると知らないとは大違いでありますが、それがゴルフ界にはたくさんあるようです。





昨日のFlightScopeアカデミーで、実際にデータをはじき出してくれるプロは、あらゆるデータを自分で操ります。




それは、プロにとっては普通の事でしょう。



ですが、そのデータすらわからないプロの方もいるとは思います。





そのデータはただの数字ではなく、色々なことを教えてくれます。




それを理解したうえで、データを分析するのです。



それから、スイングが解ってくる、それは普通だと思います。









しかし、同じゴルフ界でも、その普通が普通でない方も多いのが現状です。





今までの間隔論でゴルフをし、旧飛球理論をいつまでも信じながら、いつまでも体に負担のかかる、物理的、科学的ではないスイングを追い求める。

ですが、D-PLANEすら知らない人は、そうならざるを得ないでしょう。




もしかしたら、D-PLANEの存在すら知らない人もいるはずです。



それではいつまで経っても、先に進むことは無いでしょう。





そのD-PLANEを知るのと知らないのとでは大違いです。





知ることにより、更に勉強をすすめ、さらなる頂を目指すのですが、知らない人は、いつまでも昔ながらの方法で模索する。


走ってる人間と、足踏みを続ける人間の違いと言っても良いぐらいだと思います。






Fittingにしても同じです。






弾道測定器を駆使し、色々なデータから、更に細かいデータへとつなげます。



しかし、その弾道測定器を飛んでます、飛んでません、スピン量が、ヘッドスピードが、と言ってるようであれば、弾道測定器を持ってますという、自己満足でしかありません。




当店○○を使ってます、だから正確です。


正確な飛距離をはじき出します。
正確なヘッドスピードをはじき出します。
正確なスピン量をはじき出します。

に、過ぎません。






そんなレベルでFittingと言えるのか





もっと先の先に行ってるFittingがあるんです、それをいち早く知るのと知らないのとでは、この先大違いになるのは間違いないと思うのですが、それでも、飛んでます、飛んでませんを選択するのですか




遠回りはやめましょう、一日も早くFittingを受けてください。




受けた先で、飛んでます、スピン量が、ヘッドスピードが、であれば、あなたは遠回りしてしまったことになるでしょう。



もう一度違う所で受けてみてください。


いつかは、飛んでますが、○○が○○で○○なんで、ここを改善させましょう。
スピン量が、○○なんで、○○することで○○になります。なので○○にしましょう。
ヘッドスピードが○○なんで、○○しましょう。すると○○になるはずです。

と言う風に、更に細かく説明し、改善される方法を模索してくれるお店さんにたどり着くはずです。




決して、プロが○○なんで、あなたは○○だからダメですね
ってところは問題外です。



プロとアマは大違いです。
何が大違いなのかは、お店さんで聞いてください


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント