記事一覧

酷すぎる自己満に呆れます!

本日最後のジュニアゴルファー、世界ジュニアに出場されるそうで、その前にフィッティングをと来店いただきました。

ボールが上がりすぎるようで、まずは測定です。

ロフトはリアルロフト9.5°、シャフトは60㌘台のSシャフト、相当ハードに感じました。

しかし、数発打つうちに???

更に測定を続けると、○○の反動で急激にシャフトのスピードが上がり、極端にしなってしまうようです。
そして、フィッティングしていくうちに、大変気持ちの良いシャフトが見つかり、無事終了。


しかし、ここからが問題でした!

アイアンはドライバーから比べると相当軟らか目、そしてシャフトのロゴは私の大嫌いな、あっち向いたりこっち向いたりの、効果の無い○○調整済み、更にヘッドには大量の鉛???

先ほどのスイングだと、シャフトには急激な負荷が掛かるためにシャフトは撓り過ぎ、なおかつ大量の鉛で拍車をかける状況です。

ですが、大丈夫ですと言われ任せた仕事だと知り、私は呆れまくりです???
その際も、スイングを見ることもなく、任せてください、大丈夫ですと言われたそうで、内心、どんだけ自己満やねんと思ってしまいました。

スイングを見ることもなく、数値だけを合わす自己満作業、これにはあまりにも呆れ果てました。

ジュニアの将来の掛かる作業、数値だけ合わして、あとはあなたの責任です的仕事では、将来のお客様がどんどん減ることを考えたこともないのでしょうか?

その作業が、どういう動きに繋がるのか、悪い動きを増長してるんですよ、ちゃんと考えましょ!


その後、適正なシャフトで色々な部分の改善が見られ、プレイヤーも自分の責任ではなかったと自信を持たれて帰られました。

今日は、そんな腹のたつ締めくくりでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

golflabjpn

Author:golflabjpn
GOLF LAB jpn®ブログへようこそ!

大阪府寝屋川市でフィッティングメインのゴルフ工房を営業しています。
日々のあんなことやこんなこと、思いついたことなどを投稿しています。

よろしくお願いいたします。