FC2ブログ

トゥダウンし過ぎです。

トゥダウン、悪者扱いする人もいらっしゃるようですが、決して悪者ではありません。






スイートスポットに当てるためには大変重要なものなんです。






そのトゥダウンがどのようなものなのかが解ったように思います










飛球線方向への撓りと、トゥダウンには関係がありますが、それをどうしても良い感じで撓らない人がいます。






通常ならば、飛球線方向への撓りよりトゥダウンの方が大きくなりますが、その逆の人はたくさんいらっしゃいます。








それがどんな人に多いのかが解りました






そして、それを適正に近付ける方法も解りました









しかし、実際の所、私自身も飛球線方向への撓りより、トゥダウンが少ない、変な撓り方をしてしまいます。





なので、特殊なシャフトを使っています。







お客様方には、そんな特殊なシャフトをご提案することは難しいので、違う方法でご提案させていただきますが、そんな私でさえ、トゥダウンを多くすることが可能なんです。






それがこれ

GOLF LAB TEST - 2018-6-17 - Swing 11 - Snapshot 1


トゥダウンし過ぎて、ヘッドの先側にしか当たりません


実際には50㎜以上トゥダウンしています。






ヘッドスピードを上げたのではなく、逆にスピードは遅くなっています。







これはわざとトゥダウンが多くなるように打ちました









このように色々な実験をすることで、色々な発見があり、それを駆使してFittingをさせていただきます。







これらの実験で解ったことは、フレンドリーショップの各店には伝えていますので、同じことを考えながら、似たような方法でFittingをさせていただくことになるかと思います。






ですので、ありきたりな試打のようなふぃってぃんぐをしているわけではありませんので、ぜひとも”GOLF LAB フレンドリーショップ”の各店舗でFittingを受けていただきますようお願いいたします。




私たちのFittingは有料ですが、それ故無理な販売は致しません。





その為の有料でもあります。






よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント